カフェの開店祝い

親しい友人が念願のカフェをオープンした、新店舗開店、独立開業などの際にはお祝いの気持ちと商売繁盛を願って、何かプレゼントを贈りたいですよね。
一般的にはこのような場合、お花を贈ることが多いのですが、中でも胡蝶蘭がおすすめです。
胡蝶蘭は花の形が蝶に似ていることから、花言葉は「幸せがやってくる」となっており、大変縁起のいいお花なんです。
豪華に咲き乱れる姿は、店内を華やかな雰囲気にしてくれて、人々の目を楽しませてくれます。
胡蝶蘭は、お手入れが簡単で、フラワーアレンジメントと比較すると長く花を楽しむことができるのもおすすめの理由の一つです。
一般的な開店祝いの相場は、平均2万円程度となっていますが、おつきあいの程度によって価格を検討するとよいでしょう。
大輪の3本立てが人気が高いですが、他の方と差をつけたいという方は、5本立てが見栄えするのでおすすめです。
4本立て、9本立ては、死と苦を連想させるのでありません。
胡蝶蘭を贈るタイミングですが、基本的には開店に間に合うようにするとよいでしょう。
前日や開店当日に贈るのが一般的です。
もし、開店当日までに贈ることができなくても、後日届けることは失礼には当たりません。
お祝いの気持ちは、いつ贈られても嬉しいものです。
お花の入れ替え時期に贈るとかえって喜ばれることもあります。
開店祝いには、お花に立札をつけて贈ることが一般的です。
「開店御祝 ○○株式会社 代表取締役○○○○」といった送り主の名前を書いた札をお花につけます。
親しい間柄の場合は、メッセージカードを添えるとよりお祝いの気持ちが伝わりますが、マイナスな言葉を使わないように気をつけましょう。
「厳しいご時世ですが」「負ける」「傾く」といった言葉は、倒産を連想させて、忌み嫌われますので使わないようにします。
また、開店祝いにおいては、赤い物は火を連想させて、「赤字」「火事」のイメージにつながりますので、赤い花やラッピングは避けるようにします。
白い胡蝶蘭の花なら、「まっさらな状態からのスタート」がイメージできるので、開店祝いにぴったりですよ。
鉢植えなら「根付く」という縁起を担ぐこともできます。
お店が地域に根付いて、お客様もお店に根付いて下さるようにという商売繁盛を願う気持ちが伝わりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする